犬 食べてはいけない 

犬が食べてはいけない草花

なぜ犬は草を食べようとするのか?

犬はもともと肉食動物寄りの雑食であるため、草花を主食として食べる事はありません。
でも、時々、散歩中の犬が草をむしゃむしゃ食べている姿を見たことはありませんか?
または、あなたの愛犬は草を食べたことはありませんか?
犬が草を食べる要因として一番考えられるのは嘔吐したいがために食べている。というのが妥当でしょう。
人間も胃がムカムカするときや、吐きそうなときに、いっそ吐いてしまった方が楽だと自ら吐こうとする人もいますよね?それと同じです。犬も胃のむかつきや消化しきれないものを外に出そうと、草を食べる事で胃を刺激するのです。犬自ら、胃腸の調子を整えるための行動なのです。

STOP!絶対食べさせないでほしい草花

◎ユリ科
ユリ科の植物は毒性が強く腎臓への重大な影響をもたらす。食べると嘔吐や下痢、腎不全。最悪の場合、死亡する危険性もあるため注意して下さい。チューリップ、ヒヤシンス、スズラン、アスパラガス、タマネギなどもユリ科です。

 

◎チョウセンアサガオ
ダチュラ、エンジェルズ、トランペットなどとも呼ばれ、人間でも誤食すると幻覚作用が現れるほどの毒性を持っている。チョウセンアサガオの毒性分はヒヨスチアミン、アトロピン、スコポラミンなどのアルカロイド類でチョウセンアサガオ全ての部分が有毒。
誤食すると、嘔吐や下痢、垂涎(よだれを垂らすこと)、視覚障害、死亡にまで至るケースもある。

 

◎シキミ
シキミの実は植物としては唯一、毒物及び劇物取締法により劇物に指定されている。実のほか葉、種子、根、茎全てが毒性。誤食すると嘔吐や下痢、けいれん、呼吸困難、死亡に至るケースもある。

 

◎アザレア
葉や根にグラヤノトキシン、ロードヤポニンといった毒性をもっており、誤食すると嘔吐や、けいれんなどを引き起こす。

 

◎アサガオ
ガーデニングなどでよく育てられる花であるが、種子に毒性があるので、犬が誤って種を食べないように気をつけましょう。誤食すると、嘔吐や下痢、神経症状、血圧の低下を引き起こす。

 

◎シャクナゲ
毒性分はロードトキシン(グラヤノトキシン)。葉に毒性があり、誤食すると吐き気や下痢、呼吸困難を引き起こす。

 

◎ヒガンバナ
毒性分はリコリン、セキサニン、ホモリコリン、ガランタミン、リコレニン、リコラミン。全体に毒性があり、誤食すると嘔吐や下痢、皮膚炎、けいれん、死亡に至ることもある。

 

 

 

TOPに戻る

関連ページ

愛犬がシニア犬入りしたら気をつけたいこと
愛犬がシニア犬と呼ばれる年齢になってくると今までと同じようにしていてはいけないケースが増えてきます。ここではシニア犬を飼われている愛犬家さんに気をつけて頂きたいことを書いています。